カテゴリ
新着記事
最近のコメント
履歴
鯖街道ドライブ

先日の日曜、若狭町から琵琶湖に抜ける

鯖街道をドライブしてきました。

いい感じだったので、よかったらどうぞ。



福井から三方五湖の若狭町まで1時間半。

レインボーラインを通り、展望台へ。

1人乗りリフトで山頂へ。

__ 4.JPG

1人800円、けっこう高い。
歩いて登るルートもあるらしい・・。


三方五湖といえばウナギ。

ネットで2番人気の源予門さんへ。

うな丼1600円くらい。

unagi.jpg

ちなみに1番人気は淡水さんらしい。



その後は27号線を小浜方面に走って、

瓜割の滝へ。

ペットボトルで販売されるほど有名な水。


子供は、まずいといってました。



その後は、琵琶湖方面に引き返し、

熊川宿へ。


葛まんじゅうのおいしい店に行ったのですが、

あえなく売り切れ。

しかたなく葛もちを食べました。

かなり美味しかったです。

__ 5.JPG


お土産に、鯖寿司(焼いてないもの)を買って

マキノ高原に。

目的は行く途中にある、メタセコイアの並木。

meta.jpg

(この画像は、ネットに載っていたものです)


マキノ高原をぶらついて、

敦賀経由で帰宅。

9:30出発の18:00着くらいで

ちょうど良い行程でした。


葛まんじゅうも、ウナギも

旬は5月~10月までなのでご注意。



 
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する
朱子学と陽明学
 
 
最近気になっていること、

朱子学と陽明学。


学生のころは、歴史が嫌いだったので

なんとなく聞いたことがある程度。

どんな学問かも、いままで全く興味がなかったのですが

最近、気になりました。



ヤフーで調べてみたら、

朱子学と陽明学の違いや、

孔子の教えの解説本みたいなことが書かれてました。


結構、深そう。

そして、何か縁がありそう。



今後、どんなタイミングで

どんなかたちで関わっていくのか、



とりあえずアンテナだけ向けてる感じです。




 






固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ジムに通って1年経過
 
昨年の9月末からジムに通いだして

ちょうど1年経過しました。


最初の3か月は、平日ほぼ毎日。

次の3か月は、週2回。

そのあと6カ月は、週1回。


1年前の体脂肪は19%

それが今回測ったら、15.2%



後半の6カ月、週1回のところを

週2回にしてたら、効果は2倍だったといわれ、

(週3回にしても、そんなに変わらないらしい)



涼しくなってきたので、

またお昼の筋トレを再開することにしました。




継続は力なり。

そして、すこしでも効果が出やすいように

修正・改善して、さらに継続。



どこを目指しているの、なんのため?

ってよく言われますが



家族のため、会社のために

長く健康でいたいからです。


固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する
幼稚園の運動会
 
土曜日、次男の幼稚園の運動会がありました。


子供でも、親でも、一所懸命がんばってる姿は

やっぱり感動しますね。


勝つために一所懸命な姿より、

少しでも速く走ろう、

少しでも上手にやろうと一所懸命な姿に

感動させられるような気がしました。



幼稚園の運動会は、親が参加する競技も多く、

今年はお父さん参加の競技が

5色綱引きと、しっぽ捕り。


どちらもハードな競技で、

身体ぼろぼろになりました。


幼稚園の運動会の競技でも

勝つための戦術を考え、

勝つために一所懸命な父親でした。


子供たちは、父親の勝利を喜んでいましたが

きっと感動は0だったでしょう。


 



固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
FCS様 ゴルフコンペ
昨日は、100満ボルトカスタマーサービス様の

ゴルフコンペに参加してきました。


朝7:20集合。


きっちり開会式をしてから、スタート。

最後、表彰式も盛り上がりました。


いつもユニフォームの担当をしていただいている瀧本さんの

司会進行も素晴らしく、


普段から、こんな感じで

朝礼や、ミーティングをしてるんだろうなと感じました。


組織力で、業績を伸ばし続ける

そんな会社の雰囲気を味わえて、

たいへん参考になった1日でした。



スコアーは皆さんにご迷惑をおかけしない程度だったので

よしとします。


 
 
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する